• スマコミラジオ
One Heart with Mashiki KUMAMOTO

南房総初!女子サッカーチーム オルカ鴨川FC / 南房総からなでしこリーグへ!!世界へ!!!

世界をオルカ色に染めよう。
オルカ鴨川FC
南房総から世界へ!オルカ鴨川FC
最新情報>>
試合・練習情報>>
チームについて>>
サッカーを学ぶ>>
グッズを買う>>
クラブ情報>>

お問合せ
試合・試合結果
2017/06/17(土)   2017プレナスなでしこリーグカップ2部 第3節 HOME vs F日体大
公式戦 / なでしこリーグカップ2部 / 2017年シーズン
袖ケ浦陸上競技場 / 13:00キックオフ
主審/松尾 久美子   副審/彦坂 由樹子・門井 美由紀   第4審判/染井 真美子

オルカ鴨川FC
1 0 前半 1 2
日体大 FIELDS 横浜
1 後半 1
延長前半
延長後半
PK戦
90+1分 小林 映里奈 得点経過 10分 植村 祥子
83分 児野 楓香
GK 1 有馬 静佳
DF 2 武田 ありさ
DF 28 髙橋 奈々 (Cap.)
DF 4 小林 映里奈
DF 7 石井 友莉奈
MF 18 西尾 麻奈美
→ HT MF 13 佐藤 衣里子
MF 17 浦島 里紗
→ 62分 MF 19 岡野 有里子
MF 5 松長 佳恵
MF 21 成岡 真鈴
FW 23 平野 里菜
→ 74分 FW 20 土屋 佑津季
FW 14 村岡 真実
ラインナップ GK 19 森田 有加里
DF 23 奥津 礼菜
DF 3 大賀 理紗子
DF 13 瀬野 有希
DF 33 下山 莉子
MF 6 平田 ひかり
MF 24 石井 千晴
MF 10 嶋田 千秋 (Cap.)
MF 7 伊藤 香菜子
FW 9 荒川 恵理子
→ 78分 FW 18 児野 楓香
FW 11 植村 祥子
→ 90分 MF 14 後藤 亜弥
【コメント】
5月に続き、袖ケ浦に再上陸となった本試合。
午前中には隣接する野球場の外野グラウンドで第1回オルガウラカップが開催され、地元のサッカーキッズたちが熱戦を繰り広げ、キックオフ前のウェルカムセレモニーで各部門優勝チームが袖ケ浦市長、袖ケ浦市サッカー協会長より表彰された。

さて、試合はキックオフからオルカがペースをつかむ。
前線からの素早いプレスでF日体大にチャンスを作らせず、逆にオルカは何度もチャンスを作っていく。F日体大は前線の俊足・11番植村選手、ボンバーヘッドがトレードマークのフィジカルの強いレジェンド・9番荒川選手にロングフィードを送る攻撃展開となった。
そして、前半10分、ボールを受けた11番・植村選手がオルカのDFをかわし、GKとの1対1を冷静に決めて、F日体大に先制を許してしまう。オルカが良い流れだっただけに、もったいない失点であった。
その後もオルカはハイプレッシャーからチャンスを何度も作るも得点は生まれず、そのまま前半は終了。

後半、オルカはフレッシュな選手を次々投入する。
ほぼ全ての時間帯を通じて、オルカがペースを握る展開で、何度も決定機を作るが、シュートは無情にも枠の外。決めきることができない。
その間に時間は経過していき、終盤の83分、F日体大の左サイドを駆け上がった11番・植村選手がペナルティーエリア内までドリブルで持ち込み、逆サイドを上がってきた交代選手の18番・児野選手に絶妙なパス。それをしっかり決めて、オルカの攻撃を耐えてきたF日体大が追加点を奪った。
オルカは後半ロスタイムにセットプレーから4番・小林選手がヘッドで合わせて1点を返すも、そこで万事休す。
内容は圧倒し、決定機も多かったオルカは、ワンチャンスを確実に決めたF日体大の前に1-2で敗れた。

決定力の差が勝敗を分けた試合となり、オルカとしては悔しい敗戦となった。

次節は6月24日(土) 13:00キックオフ、日産フィールド小机にて、ニッパツ横浜FCシーガルズと対戦する。
有馬静佳選手
有馬静佳選手
小林映里奈選手
小林映里奈選手
石井友莉奈選手
石井友莉奈選手
村岡真実選手
村岡真実選手
成岡真鈴選手
成岡真鈴選手

マッチコミッショナー/神山 史朗
運営責任者/白熊 幸江

天候/晴
気温/28.1度
湿度/33%
WBGT/21.0度
風/中
ピッチ/良芝・乾燥

観客数/1,053人