• スマコミラジオ
One Heart with Mashiki KUMAMOTO

南房総初!女子サッカーチーム オルカ鴨川FC / 南房総からなでしこリーグへ!!世界へ!!!

世界をオルカ色に染めよう。
オルカ鴨川FC
南房総から世界へ!オルカ鴨川FC
最新情報>>
試合・練習情報>>
チームについて>>
サッカーを学ぶ>>
グッズを買う>>
クラブ情報>>

お問合せ
試合・試合結果
2017/11/11(土)   第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会
公式戦 / 皇后杯本戦 / 2017年シーズン
エディオンスタジアム広島 / 11:00キックオフ
主審/梶山 芙紗子   副審/安浪 陽子・吉田 信之   第4審判/天川 充弘

オルカ鴨川FC
2 1 前半 1 4
マイナビベガルタ仙台レディース
1 後半 3
延長前半
延長後半
PK戦
16分 永木真理子
73分 村岡真実
得点経過 ケイトリン・フォード 17分
ケイトリン・フォード 50分
安本 紗和子 79分
嘉数 飛鳥 87分
GK 16 河邉花観
DF 2 武田ありさ
DF 6 今井さゆり
DF 28 髙橋奈々
DF 30 中村真実
MF 5 松長佳恵
MF 8 松長朋恵
MF 17 浦島理紗
→84分 FW 20 土屋佑津季
MF 18 西尾麻奈美
FW 14 村岡真実
→88分 FW 23 平野里菜
FW 11 永木真理子
→65分 FW 19 岡野有里子
ラインナップ 21GK ブリトニー・キャメロン
5 DF 坂井 優紀
22 DF 万屋 美穂
26 DF 北原 佳奈
→81分 DF 2 千葉 梢
4 MF 岸川 奈津希
8 MF 嘉数 飛鳥
11 MF 安本 紗和子
→90+1分 28 FW 入江 未希
13 MF 佐々木 繭
19 MF 西川 明花
→HT FW 17 井上 綾香
27 MF 三橋 眞奈
18 FW ケイトリン・フォード
【コメント】
新潟医療福祉大学を破り、3回戦に進出したオルカは、なでしこリーグ1部に所属するマイナビベガルタ仙台レディースとエディオンスタジアム広島で対戦した。
風が強く肌寒い中、キックオフされた。オルカはマイナビにボールを回されるシーンもあったが、いい立ち上がりを見せる。マイナビの攻撃をDF陣中心に必死で守る中、前半16分、マイナビのボールを奪い、きれいなパスワークで右サイドの17浦島へ。浦島のクロスに11永木がダイレクトでシュート。マイナビDFに当たったことでコースが変わり、そのままゴールへ吸い込まれる。オルカ待望の先取点。
だが、先取点が浮足立たしてしまったのか、先取点からわずか1分後、左サイド突破から失点してしまう。その後も守備の時間が多かったが、体を張ったDFでゴールは許さない。1-1のまま、いい流れで前半を折り返す。
気持ちを入れ直して臨んだ後半だったが、後半5分オルカDFを崩され失点。逆転されてしまう。1-2。
後半20分、11永木に変え、俊足の19岡野を投入。その8分後、左サイドで粘って得たスローインがペナルティーエリア内のマイナビDFの手に当たりハンドの判定。PKを獲得する。14村岡がきっちり決め、またしても同点に追いつく。だが、オルカDFの守備の時間が長いからか、集中力が切れ始め、後半34分左サイドを突破されそうになり、ペナルティーエリア内でファールを犯しPKを与えてしまう。冷静に決められ、再び勝ち越しを許してしまう。その後、17浦島に変え、20土屋、14村岡に変え、23平野を投入するも、後半42分には右サイドからのクロスをきれいにヘディングで決められ突き放される。オルカも果敢に攻め続けるも、終了のホイッスル。2-4で惜しくも敗戦となった。
これで、オルカのシーズンは終了。なでしこリーグ1部のマイナビに対し、必死のDFや球際での強さは決して劣ってはいなかった。一人ひとりが出せる力を精一杯出した結果が4-2での敗戦。終わったあとの選手の顔は悔しさでいっぱいだったが、もう来シーズンへ向かって進んでいるようだった。。
武田ありさ選手
武田ありさ選手
松長朋恵選手
松長朋恵選手
河邉花観選手
河邉花観選手
得点後、喜ぶ選手たち
得点後、喜ぶ選手たち
スターティングメンバー
スターティングメンバー

マッチコミッショナー/谷本 和之
運営担当/宗政 潤一郎

天候/晴
気温/15.3度
湿度/38%
風/中

ピッチ/全面良芝・乾燥
観客数/187人