試合・試合結果

試合終了

皇后杯
VS 日テレ・ベレーザ

オルカ鴨川FC
0
0 前半 2
0 後半 2
4
日テレ・ベレーザ
場所

得点経過

22分

5 隅田 凜

26分

9 田中 美南

86分

10 籾木 結花

89分

19 植木 理子

出場選手

オルカ鴨川FC

26 GK 國香 想子
14 FW 村岡 真実
21 MF 成岡 真鈴
22 DF 宮本 真緒
6 MF 權野 貴子
5 MF 松長 佳恵
→70分 20 土屋 佑津季
8 MF 藤田 のぞみ
15 MF 齋藤 敏子
7 MF 浦島 里紗
11 FW 永木 真理子
→59分 17 中嶋淑乃
27 FW 小嶋星良
→77分 岡野 有里子

日テレ・ベレーザ

1 GK 山下 杏也加
2 DF 清水 梨紗
4 DF 土光 真代
22 DF 岩清水 梓
6 DF 有吉 佐織
→58分 13 宮川 麻都
17 MF 三浦 成美
5 MF 隅田 凜
→ HT 18 小林 里歌子
14 MF 長谷川 唯
10 FW 籾木 結花
15 FW 宮澤 ひなた
9 FW 田中 美南
→72分 19 植木 理子

コメント

皇后杯3回戦 なでしこリーグ女王の日テレ・ベレーザとの対戦。格上のチーム相手にチャレンジャーとして臨んだ。
前半開始早々から、個人技術のある日テレがその技術の高さを見せながらボールを保持する。細かいパスを回してくる日テレに対し、オルカは中央をしっかり固め、パス回しについていくという状況が続く。そんな前半22分 右サイドを崩され、中へのクロスにヘディングで合わされ失点してしまう。何とか守り切っていただけに痛い失点となる。その後、負傷で1名欠く中で左サイドを崩され、そのクロスをダイレクトで決められ、失点する。オルカはボール奪取からカウンターを仕掛けたいところだが、日テレの速い守備になかなか味方に繋がらない状況が続き、終始日テレ優位で前半は終了。後半も日テレ優位で試合が進むが、オルカDF陣の粘りの守備に何とかゴールは割らせない。後半14分 11永木に代え、17中嶋、5 松長に代え、後半25分 20土屋、後半32分 27 小嶋に代え、19 岡野とフレッシュな選手を投入し、反撃を試みるも、ボール奪取できず時間だけが進む。何度か日テレDFからボールを奪いゴールへ迫るシーンを作るもゴールまでが遠い。後半は無失点で粘っていたが、終了間際に、サイドを崩され失点。その直後、PKを与えてしまい、またしても失点。そして、そこでタイムアップ。0-4で敗戦となった。
今シーズン最後となる大会。日テレの前に1部の強さを示され惨敗した。これでオルカの2018シーズンは終了となった。来季、1部昇格へ向け、さらなるパワーアップが必須となる。